耳鼻咽喉科 渡辺医院

医療法人 社団一医会 耳鼻咽喉科 渡辺医院

アクセス
松戸駅東口徒歩2分
お電話での
ご予約・お問い合わせ
047-367-3388
耳鳴り外来のご予約
診療時間
10:00~13:00
14:30~17:00  
コラム COLUMN
トップ(耳鳴り) > 耳鳴りコラム一覧 > 耳鳴りにも種類がある!「自覚的耳鳴り」と「他覚的耳鳴り」の違い
2018年4月19日

耳鳴りにも種類がある!「自覚的耳鳴り」と「他覚的耳鳴り」の違い

耳鳴りは、いくつかの種類に分類することができます。

その中の「自覚的耳鳴り」と「他覚的耳鳴り」の違いについてご紹介します。

自覚的耳鳴りとは

自覚的耳鳴りとは、文字通り自分にしか聞こえない耳鳴りのことです。
一般的に「耳鳴り」というと、こちらのイメージが定着しているかもしれません。
実際のところ、耳鳴りの大半は自覚的耳鳴りです。

自覚的耳鳴りの多くは、内耳や聴神経などの「感音器」と言われる部分の異常が原因となり、難聴とともに発生することがほとんどですが、まれに過労やストレスによって引き起こされる場合もあります。

自覚的耳鳴りは自分にしか聞こえていない音なので、治療を受ける際には、音の大きさや種類(どんな音が聞こえるか)など、できる限り詳細に医師に伝えるようにしてください。

他覚的耳鳴りとは

一方、他覚的耳鳴りとは、他の人にも聞こえる耳鳴りのことです。
この場合、あなたの耳と医師の耳を器具でつなぐと、医師にもあなたの耳鳴りが聞こえます。

他覚的耳鳴りは2種類あり、間欠的な耳鳴りと持続的耳鳴りに分類されます。
間欠的な耳鳴りでは耳の周囲の筋肉が痙攣する音(プツプツ、コツコツ)が聞こえ、持続的な耳鳴りでは血液の流れる音(ドクンドクン、ザー)音が聞こえます。

高血圧、血管病変、腫瘍など、さまざまな原因が考えられますが、いずれにしても医師の診察を受けることをおすすめします。

たかが耳鳴りと油断せず、早めの診察を

四六時中音が聞こえ続けて、静寂の中にいられないというのは大変つらいもの。
さらに、そのつらさを周囲の人に理解してもらうのが難しいという点も、耳鳴りの厄介なところです。

やがて耳鳴りは、ストレスとなってあなたの心を蝕(むしば)んでしまうかもしれません。
耳鳴りでストレスを覚え、そのストレスが自律神経に悪影響をもたらし、耳鳴りがさらに悪化するという悪循環に陥ることも考えられます。

耳鳴りは多くの場合、特に身体的な害はなく、ほとんど心配のないもの。
しかし、まれに聴神経などの重篤な病気の初期症状である場合も考えられるので、油断は禁物です。

もしくは、突発性難聴などの、治療にとりかかるのが早ければ早いほど治りやすい病気の症状として現れているのかもしれません。

ですから、もし「耳鳴りがするな」と思ったら、まずは耳鼻科で診察を受けてみましょう。
特に、突然耳が聞こえなくなった、激しいめまいにみまわれた、耳鳴りと頭痛が併発しているなどの場合は、急いで受診するようにしてください。

お気軽にご相談ください

ご予約